一戸建てを共有名義にすると土地を売却するのが難しい理由を紹介

一戸建ての共有持分に関しての基礎知識

一戸建て住宅は、基本的に単独名義であることが多いです。
最近は夫婦名義になっており、それが不動産持分言う考え方になっていることも決して珍しくありません。
一戸建て住宅が不動産持分になった場合、どのようなメリットがあるかと言えば、夫婦が離婚した場合にメリットがあると言われています。
今までであれば夫の名前で登記をしていましたので、その財産そのものが夫に帰属することになります。これは離婚してからもやはり財産分与はあるものの、夫に帰属するのが基本でしょう。
このような問題を避けるために、両方とも半分ずつの名義にすることで、財産を分けることができるようになりました。
共有名義にすることにより、メリットはありますが手続きなど色々と面倒臭い部分もあります。
もしそれをすることによるメリットの方が大きいければ、費用を払ってでも共有名義にした方が良いかもしれません。
後は当事者間の話し合いで決めるのが妥当になるでしょう。

所有名義にしたときに売却は難しいのか

共有名義にする場合には、不動産売却は難しいと言われていますが、どこまで本当でしょうか。
これに関しては、共有名義にすることにより確かに不動産売却は面倒なことになります。持ち主が2人入ることになりますので、それぞれから土地や建物を購入しなければいけません。1人の人が反対をしていれば、その契約自体がそもそも成立しないと言うことになるわけです。契約が取り消しになると言うよりも、そもそも契約自体が存在しない事は理解できるかもしれません。そのような状態になった時、果たして目的が達成できるかと言えば少なくとも建物を得ると言う目的を達成できません。
なぜそのような状態に陥るかと言えば、片方が売却したいと考えていないことがあるからです。もし売却したいと考えていないならば、当然ながら1人の人が売却を拒否している場合には、色々と面倒な問題が起きますので、この点に関しては注意をしなければいけません。

まとめ

不動産が所有名義になっている時、一戸建て住宅の売却は難しいことが多いです。またそもそも、売却をする場合には2人の土地所有者あるいは建物所有者から許可を得なければいけません。売りに出す場面で、どちらかが拒否をしていればそもそも物件を売りに出すことができないわけです。一戸建て住宅の半分だけを売りますといっても、誰も購入する人はいないでしょう。それ故、一戸建て住宅の売却が成立するためには共有名義人の足並みが揃わなければいけないわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。