共有不動産は自由が制限されることを覚えておこう

一人で行えることには限りがある

不動産は単独名義が一般的ですが、相続などが要因となり共有不動産を所有するケースが少なくないです。
1つの不動産を複数人で共有することになるため、一人の意見で決められることには限りがあり、制限されてしまうことを知っておく必要があります。
共有不動産を使用したり、現状を維持するための修理であれば、他の共有者が反対しても行うことが可能です。
しかし、リフォームなどの管理行為は持分の過半数が必要になりますし、売却などは処分行為になるので全員の同意を得なければいけません。
この制限があることによって、共有不動産はトラブルが発生しやすいです。
共有不動産を所有することは、メリットよりもデメリットの方が大きいことに気をつけてください。
意見が一致して簡単に物事が決まるのであれば問題ありませんが、多くの場合は共有者間で揉めている現状があります。
いつまでも共有不動産を所有しているのは賢明な選択ではないです。

トラブルを回避するために売却しよう


共有不動産は同意が得られない限り自由に扱えないことを考えると、売却したり、共有状態を解消することをおすすめします。
1つ目の方法は自らの部分だけを売却することです。
自分の共有部分だけであれば他の人の同意は必要ないです。
売却する相手は、他の共有者や買取業者などが挙げられます。
共有関係から抜けることができることに加えて、まとまったお金が得られることもメリットです。

2つ目は不動産の所有権利を放棄することになります。
この方法はトラブルが生じていて、今すぐ共有状態から抜けたい方に適しています。
放棄となるので売却とは異なりお金が手に入れられない点に注意です。
共有不動産を単独名義にすることもできます。
単独名義にするためには、売買や贈与といった行為がなければいけません。
トラブルを防ぐために解消する方法はいくつかあるので、司法書士や不動産会社に相談しながら、どれが自分に適しているか見極めた上で決めることが重要です。

まとめ

共有不動産は単独で行えることは少なく制限されているので、共有状態を売却などで解消しておくことが望ましいです。
処分行為などは全員の同意が必要となるため、揉めてしまうケースが多いです。
仲の良かった兄弟姉妹でも揉めてしまうことが少なくありません。
自分の共有部分だけ売却したり、不動産の所有権利を放棄、共有不動産を単独名義に変更するなどが有効です。
その際は司法書士や不動産会社などに相談して、自分にとってメリットがある方法を選択するべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。