共有不動産は単独名義に変更することも可能

単独名義に変更するための条件

親からの相続や新居購入の際などで共有不動産を所有することなるケースは少なくないです。
ただ、共有不動産は現状維持のための修理や使用することは一人ですることができますが、多くの行為は持分の過半数や全員の同意が必要となるため、不便に感じてしまうと思われます。
共有持分権者と意見が一致してスムーズに決まるのが理想ですが、揉めてしまうことが多いのが現状です。

そこで、共有不動産を単独名義にしたいと考えている方が多くいると思われます。
共有不動産を単独名義に変更するためには、一定の法律事実の発生がなければいけません。
変更したいという理由だけでは不十分です。
例えば、売買や贈与が挙げられます。
ここで注意しなければいけないのは、贈与や売買には税金が発生することです。
名義を変更することに伴い様々な税金が発生するので、具体的に何がかかるのか把握しておくことが求められます。
特に贈与税は税率が高く、かなりの負担になります。

名義変更は司法書士に依頼するべき

共有不動産を単独名義にする登記は、名義人本人からの申請も可能です。
しかし、共有持分の名義変更の登記の手続きは専門的な知識が必要となるので、一般の人には難易度が高く司法書士に依頼した方がスムーズに進めることができます。
一般の人が手続きをする場合、法務局に申請書や添付書類の補正を命じられて、何回も通うことになる可能性が高いです。

また、依頼する司法書士もよく比較した上で決めることが重要になります。
司法書士であれば誰でもいいわけではなく、不動産登記を得意としている人に依頼するべきです。
不動産登記の知識や経験が不十分な人を選んでしまうと、スムーズに手続きが終わらないことが多いため気をつけてください。
名義変更の費用とは別に司法書士にかかる費用の相場は5万円から10万円となりますが、安く抑えることにこだわるべきではないです。
1番重視するべきポイントは、面倒な共有不動産を単独名義にする手続きを問題なく済ませられることです。

まとめ

共有不動産を単独名義にするためには、贈与や売買といった法律事実がなければいけません。
単独名義にするための手続きは登記に関する知識がない一般人にはハードルが高いです。
多少の費用はかかりますが、専門家である司法書士に依頼した方が安心です。
不動産登記の知識や経験がある司法書士に依頼できれば、スムーズに手続きが進められます。
単独名義にするための条件や司法書士に依頼した方がいいということはしっかり把握しておくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。